スペシャルインタビュー:中村優(40creations)、Mateus Bagatini(グラフィックデザイナー)

YOUCOUZINEは季節によってかわる気分とともにインスパイアされ発行される不定期ZINE。40creations代表の中村優さんと株式会社ブリューが発行しています。そのYOUCOUZINE第二弾には、LC-A+とLC-Wideで撮影した写真が使われる予定です!そこで、ZINEの仕掛人・中村優さんと、今回の写真を撮影した株式会社ブリューのMateus Bagatiniさんにインタビューを行いました!

―中村優さん、Mateusさんこんにちは!まずは自己紹介をお願いします!

[中村] 初めまして、中村優と申します。現在は、「世の中に、美味しいしわをつくる」をテーマに、人がぱっとしわしわの笑顔になってしまうようなプロジェクトを40個仕掛けていくチーム、40creationsを立ち上げ活動しています。世界中のおばあちゃんのレシピを集めたり、YOU BOXという世界の「とびきり美味しい」を詰め合わせにしてストーリーと共にお裾分けするというプロジェクトなどがあります。

[Mateus] グラフィックデザイナー、コンテンツクリエイターとして株式会社ブリューで働き、Yuとの共同制作プロジェクトでZINEを作っています。株式会社ブリューは、日本酒のブランドや様々な企業のスタートアップをお手伝いしています。

―中村さんはもともと料理には興味があったのですか?いつぐらいからこういった活動をしようと思い始めたのでしょうか?

[中村] 幼稚園からお菓子を作ることは好きでしたが、特に料理に興味があったわけではありませんでした。今でも、私にとって料理は笑顔をシェアするためのツールです。大学時代、国境や言語を越えて人を笑顔にできるのは料理だ!と思い込み、「料理するからタダで泊めて」と言ってヨーロッパを3ヶ月間泊まり歩くというプロジェクトを行いました。ご飯を食べることに関して素晴らしい可能性を感じたのがきっかけで、その時の仲間とは今でも仲が良く、一緒に料理をしたりもします。帰国後、恵比寿のレストラン「キッチンわたりがらす」のオーナーシェフに惚れ込み弟子入りをして、料理を習いました。

―それでは、40creationsの活動で、好きなこと、嫌なこと(※あれば)を3つ教えてください。

[中村]

好きなこと

  • どの活動でも誰かの笑顔に繋がるし、素敵な人に出会えること
  • 新しい世界に触れられること
  • 毎年想像もしなかったことが起こり、想像もしなかった道が出来ていること

嫌なこと

  • ジャングルの奥地で歓迎の儀式を受け、得体の知れないものを飲んで体調を崩すこともあること。(しかも美味しくない)
  • 悩みがなさそうに見られること。(そんなに間違っていない)

―ずはり、40creationsのチームで仕事をする醍醐味は?

[中村] 好きなことを、とことん全力でできること。

―Mateusさんは日本に来てどれくらいになるのですか?日本の一番面白くて、変わっていて、楽しくって、エキサイティングだと感じるものは何ですか?

[Mateus] 日本に来て約一年になります。でもその前に4回日本を訪れていて、この国が大好きです。その間にすごく仲の良い友達もできたので、日本語の勉強も兼ねて、住むことにしました。東京の隠れた名所、たとえば小さなバーや、12人しか入れないパーティー、細い小道など、写真写りの良い場所がすごく好きですね。

―現在中村さんと一緒に行っているプロジェクトについて教えてください。

[Mateus] YOUCOUZINEというZINEを、Yuとブリューで一緒に今年の春に始めました。季節によってかわる気分にあわせた体験、フード、お酒について実験的なZINEです。第一弾では目黒川の桜ガイドについてのZINEを作り、Yu特製弁当をお花見しながら堪能できる発刊パーティーをしました。

―Mateusさんの実家にロモグラフィーのカメラがたくさんあると聞きました。その中でもお気に入りのカメラは何ですか?

[Mateus] ロモのカメラを5つ持っています。その中でも間違いなく一番好きなのがFisheyeです。シンプルで楽しくて簡単ですから。

―LC-A+とLC-Wideを使ってみて、どんな感想を持ちましたか?どちらの方が好きですか?

[Mateus] 二つを比べるとLC-A+のほうが好きですね。でも両方とも素晴らしいカメラだと思います。ゾーンフォーカスと出来上がる写真の色合いが好きです。

―撮影した中で好きな写真を教えてください!

[Mateus] Yuと同僚たちと撮った写真がベストショットです!

[中村] みんなでディナーの準備をしている写真です。どんなお料理も丸くて優しい味になりそうな素敵なキッチンだったのですが、その素敵な雰囲気が伝わるようで気に入っています。

―これらの写真にサウンドトラックをつけてみてください。

Island in the sun – weezer
Time of the Season – Zombies
Misread – Kings of the convenience

―最後に・・・お二人の今後の予定を教えてください!

[中村] いつも、予定は最長で1ヶ月先までしか決めないので、これからどうなるか私も楽しみです。

[Mateus] 私たち株式会社ブリューはフード、ドリンク、そのほかのことについて語るイベントを常にオーガナイズしています。次の大きなイベントがYOUCOUZINE #2となり、BBQと広尾の素敵なガーデンハウスで発刊パーティーを開催します。その日、僕たちが夏の間に撮影した写真と一緒にZINEの第二弾を発表する予定です。Yuの料理とドリンク、ブラジリアンカイピリーニャを楽しめますよ。これからもZINE作りや、ブリューがキュレーションをするイベントを行っていきます!

YOUCOUZINE #2: 行きましょう!Launching party: peatix.com/event/114911/view

―中村さん、Mateusさん、ありがとうございました!二人が手掛けるYOUCOUZINEについては こちら をご覧ください!

2015-09-18 #people #lifestyle #lomoamigo ciscoswank の記事

関連商品

Lomo LC-A+

Lomo LC-A+

Lomo Kompakt Automat ( 通称 LOMO LC-A )は、1984年に旧ソ連で誕生したコンパクトオート35mmカメラ。LC-Aが写し出す鮮やかな発色、クラシカルなヴィネット、そしてコントラストの強い写真は90年代に世界的なムーブメントを巻き起こし、ロモグラフィー発祥のきっかけとなりました。そのLC-Aに機能を追加(+)して、生まれ変わったのがLomo LC-A+です!

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • フォトグラファー mick park × Lomography

    2018-05-24 keitauni94 の記事
    フォトグラファー mick park × Lomography

    惜しまれつつも生産中止が発表された高感度フィルム「NATURA 1600」。その開発にたずさわった mick parkさんは、当時言われていた「高感度撮影は荒れて使いものにならない」「暗いところはフラッシュ」という概念を壊した伝説的なフォトグラファー。今回はその実験的な作品の数々を紹介。

  • 一夜限りの「トウキョー・ウィーン・ダブルエクスポージャー」開催します!

    2018-02-06 #ニュース refallinsasaki の記事
    一夜限りの「トウキョー・ウィーン・ダブルエクスポージャー」開催します!

    Lomography 25周年イベント『 トウキョー・ウィーン・ダブルエクスポージャー 』が 2/14(水) 一夜限りで復活。Lomography発祥の地ウィーン、オーストリアと東京を舞台に撮影したフィルムスワップ写真、それぞれの街で撮影した8mmの映像も上映します!今回はウィーンで開催されたワークショップの写真もたくさん展示予定。ぜひお仕事帰りに オーストリア文化フォーラム東京まで遊びに来てくださいね!

  • 『レンズの時間 Vol.3』にロモグラフィーのフィルムカメラ全18種カタログが掲載中

    2018-02-01 refallinsasaki の記事
    『レンズの時間 Vol.3』にロモグラフィーのフィルムカメラ全18種カタログが掲載中

    玄光社より発売中の『レンズの時間 Vol.3』にロモグラフィーのフィルムカメラ全18種オールカタログが掲載されています!特集は8Pとボリュームたっぷり。それぞれのカメラで撮影された写真は11月に開催されたワークショップの時のもの。参加された方は要チェックです!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • 秋葉原 by Clara Mathiesen【BnA x Lomography】

    2018-03-11 #people #places refallinsasaki の記事
    秋葉原 by Clara Mathiesen【BnA x Lomography】

    「泊まれるアート」をテーマに、旅行者と日本のアーティストが交流できるプラットフォームを構築するプロジェクト Bed and Art Project - BnA Hotel。BnAコミュニティーの気鋭の写真家 Clara Mathiesenさんが Lomo LC-A+で BnA STUDIO Akihabaraとその近隣を撮影しました。

  • Lomo LC-A+の魅力とは?

    2018-02-02 #gear
    Lomo LC-A+の魅力とは?

    長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さなボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。

  • ショップニュース

    思い出をよりクリアに、大胆に切り取る Lomo'Instant Automat Glass Magellan

    思い出をよりクリアに、大胆に切り取る Lomo'Instant Automat Glass Magellan

    ワイドアングルガラスレンズ搭載のインスタントカメラ Lomo’Instant Automat Glass Magellanが登場!

  • Simple Use Film Cameraと街を自由にぶらつこう!

    2018-04-02 #gear
    Simple Use Film Cameraと街を自由にぶらつこう!

    その名の通り「シンプル」なこのカメラは、どこへ行ってもあなたと一緒。フィルムが既に入っているので、出会ったものを感覚的に写真におさめることができるんです!

  • Lomoamigo:Satomi Ishikawa(@sato_co)

    2018-08-30 #people #ビデオ refallinsasaki の記事
    Lomoamigo:Satomi Ishikawa(@sato_co)

    ランドスケープの中にぽつんと佇む人々が印象的な写真。これらの作品は主にフィルムカメラと iPhoneで撮影されているそうです。

  • アートホテル BnA STUDIO Akihabaraに潜入!

    2018-03-16 refallinsasaki の記事
    アートホテル BnA STUDIO Akihabaraに潜入!

    「泊まれるアート」をテーマに、旅行者と日本のアーティストが交流できるプラットフォームを構築するプロジェクト BnA Hotel。先日行われたパブリックビューイベントで一足お先に部屋を見に行ってきました。今回はロモグラフィーのカメラで撮影した写真の一部をご紹介!

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    <b>【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】</b>さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • umu × アチトシヒロ 合同展 「みちる、かける、あふれる」

    2018-09-08 refallinsasaki の記事
    umu × アチトシヒロ 合同展 「みちる、かける、あふれる」

    フォトグラファーの アチトシヒロさんが、アパレルブランドumuとの合同展を10/19 (金) より原宿のギャラリー アイリヤードで開催。今回は Lomo LC-A 120 で撮影された新作が公開される予定です。展示の前に作品を少しだけお見せします!

  • Naiadで撮影された迫力満点のショット

    2018-05-29 genevievedoyle931 の記事
    Naiadで撮影された迫力満点のショット

    先日発売されたばかりの Naiad で撮影された写真が Lomographyに届きました!焦点距離15mmの写りは、何を撮っても迫力満点。フィルムでもデジタルでも、カラーでも白黒でも、どんなシーンでも活躍する頼もしいレンズです。台湾やサンフランシスコ、ホノルルなど世界中のユーザーがいち早く撮影した写真をご紹介します!

  • 【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    2018-03-17 hodachrome の記事
    【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    ロモグラファーの皆さんが大好きな多重露光(重ね撮り)。ロモグラフィーのカメラには多重露光(MX)機能を備えたカメラがたくさんありますが、多重露光機能のないカメラではトライすることができないでしょうか?いえ、そんなことはありません。皆さんの持っているカメラでも多重露光が可能で、しかも素敵な作品が撮れる方法があります。今回その方法を紹介します♪

    1