チュートリアル:DIYピンホールカメラ

「ハンドメイドピンホールカメラ?おもしろそうだけれど大変そう…」という方へ、紙ジュースのパックでカメラが作れちゃいました!

ピンホールカメラはレンズ不要!だから特別な材料は一切なしで作ることができちゃいます。ハンドメイドピンホールカメラの代表的な例:マッチ箱ピンホールカメラ(詳細はネットで検索すれば出てきますよ)と、紙ジュースパックのピンホールカメラ(作り方はyoutubeにあります)からインスピレーションを受け、実際に作ってみました。簡単にここにまとめたので、参考にしてくださいね!

今回のカメラは、マッチ箱と紙ジュースパックのピンホールカメラの両方を参考にしました。紙ジュースパックバージョンは粘着テープをレンズカバーにしていましたが、作り進めていくうちに、マッチ箱バージョンのように厚紙を切ってレンズカバーにした方がいいなと思ったのでアレンジ。2つのピンホールカメラの作り方を見たことがない人には、今回のチュートリアルは分かりにくいかもしれません…。不明点は適宜検索してみてください!次へ進みます!

材料

  • 紙ジュースのパック
  • はさみ
  • カッター
  • 油性ペン
  • ヘアクリップ または鍵
  • 黒い粘着テープ(光が漏れないようにするため)
  • 空き缶
  • 未使用のフィルム
  • 不要のフィルムまたは使用済フィルム(パトローネからフィルムの最後の部分がちょっぴり出ているもの)
  • 厚紙

※紙パックは中をしっかりすすいでおきましょう。

作り方:

1. 新しいフィルムの先端を少し引っ張り出し、紙パックにフィルムの幅で印をつけます。露光する写真のサイズの長方形を書きましょう。いつもと同じフォーマットのサイズで撮影したい場合は、長方形の印の大きさを小さめに、スプロケット穴まで露光したい場合はフィルムより大きく印を付けます。

2. 先ほどつけた長方形の印の通り、カッターで切り、紙パックに窓を作ります。(窓を作ったら紙パックの中がしっかり乾燥した状態になるよう、ペーパータオルなどで拭きましょう。)次に紙パックの中に、窓から見えるほぼ中心となる場所に X と印を付けます。その印を付けた場所に、小さい四角をくり抜いてレンズ用の小さな窓を作ります。

3. いよいよピンホールの穴を開ける作業。紙パックに開けた窓より少し小さな四角を、空き缶からカッターを使ってくり抜きます。その四角に針ですごーく小さな穴を開けましょう、慎重に。穴を開けたら粘着テープで紙パックのレンズ用の小さな窓の部分に貼り付けます。ここからテープをたくさん使います!テープの貼り付けが足りなくて、組み立て途中に切れてしまった私のようにならないようお気をつけ下さい…!紙パックの窓をしっかり全て覆うように、もっともっとテープを貼り付けましょう。

4. 新しいフィルムの先端の細くなっている部分がまっすぐになるように切ります。新しいフィルムを少し引っ張り出し、使い終わったフィルムの最後の部分がちょっとだけでているところに粘着テープ(マスキングテープなど薄手のものがいいでしょう)で貼り付け、一体化させます。紙パックの窓の中央にフィルムがかぶるようセッティングし、2本のフィルムのキャニスターは紙パックの両サイドに来るようにしてテープで固定。厚紙を紙パックの窓がかぶるサイズに切り、粘着テープでぐるぐる巻きにします。

5. テープでぐるぐる巻きにした厚紙を紙パックのカメラボディにかぶせて、フィルムが光に当たらないようにします。完全に光を遮断するように、ここでもしっかりテープで固定しましょう。別の厚紙を用意します。レンズ用の窓が覆いかぶさるサイズに切ったら、こちらも黒いテープでぐるぐる巻きに。厚紙の中心部分に、紙パックに開けたレンズ用の窓より同じ大きさの四角をくり抜きます。続いてシャッターの役割を果たすレンズカバーの作成。紙パックと同じ高さに厚紙を切り、黒いテープでぐるぐる巻きにします。

6. 再びテープを使い、小さな窓を開けた厚紙と紙パック本体を貼り付けます。この時、紙パックにくっつけた空き缶レンズと、厚紙の小さな穴の位置がしっかり合うように注意しましょう。上部からシャッターとなる細長い厚紙を差し込むので、それ以外の左右と下部をテープでしっかり貼り付けます。細長い厚紙を差し込んで上下させることで、空き缶レンズ穴から光を入れたり遮断し、シャッターの役割となります。これでピンホール撮影準備完了!

使い方 ヘアクリップを巻き上げダイヤルとして使います。空のフィルムの下部にヘアクリップを差し込み、撮影ごとに2~3回まわして巻き上げます。ヘアクリップの代わりに、ペーパークリップや鍵などなんでも代用できますよ。

これがカラーとモノクロで撮影した結果です!

ハンドメイドピンホールカメラはいかがでしたか?案外簡単だったでしょう!完成したらぜひ私のメール prettyinmad [at] gmail.com やFacebook に送ってくださいね。下記のものを忘れずに。

• あなたのハンドメイドピンホールカメラの写真
• あなたのピンホールカメラで撮影した写真
• SNSで紹介する際の一言紹介コメント
• あなたのSNS ID (flickr, facebook, etc)

Pretti in Mad が運営する PIMholers もぜひチェックしてくださいね!

2020-04-26 #gear #tutorials pretty_in_mad の記事
翻訳 erina

コメントはまだありません

他の記事を読む