光の魔法:写真家 Li Hui

写真は思い出を残すだけのものではありません。一筋の光が写真を芸術へと姿を変える鍵となり、カメラを通して見えるもう一つの世界を体感することもできます。そんな光を操り、芸術作品に変えてしまうのが、写真家のLi Huiです。彼女のセンシティブではかなげな素晴らしい作品についてインタビューをしました。

── 2009年2月から写真を撮るようになったと聞きましたが、きっかけはなんですか?

私はアスペルガー症候群なので、コミュニケーションが苦手なんです。だからイベントや体育の授業は参加してきませんでした。話をしなければならないので、買い物もできなかったです。いつも一人で遊んで、自分とお喋りして、まるで空中に浮かんでいる気球みたいでした。人とコミュニケーションをするということに、いつもプレッシャーを感じていました。

そんな中初めてフィルムカメラを手に入れて、一人で共通の趣味(音楽や映画)を持つベルリンの友達に会いに行こうと決めたのが2009年。突然、自分が何が好きで、何を考えているのかということを表現できる手段を手に入れたのです。フィルムカメラはデジタルカメラよりもっと楽しく表現できるということに気がつきました。フィルムカメラを手に入れたことで、世界が生き生きして見えて、自分だけの新しい世界が生まれた気分です。写真によって周囲にも心を開けるようになったし、自分のやり方で世界をもっと探検したいと思えるようになりました。勇気が生まれてきたのです。

それから、自分の写真をウェブサイトに定期的に投稿するようになって、もっとたくさんに人に私のことを知ってもらえるようになりました。私の写真を気に入ってくれる人がいるのはとっても嬉しいです。

── 写真を独学で学ばれたのですよね。写真を勉強するにあたって役立ったことや、影響を受けたものは何ですか?

写真は映画や音楽みたいだと思います。感情を表現したり、物語があるから。ただ自由に、そして深く想像してみてください。物事や一つの感情に行き着くでしょう。独学なので基本的なルールは気にしていません。好きなことをして、自分の思うままに試しています。

── 思うままに撮影するとのことですが、仕上がりを見て後悔したことや、逆に予想外の結果に驚いたことはありますか?

すごく後悔したことはありません。結果がどうであれ、見方によってはおもしろかったり心を動かされます。一番驚きは自然光の光ですね。全く想像もしなかったような仕上がりになることがあります。

── あなたの写真は Marina Richter川内倫子 を彷彿とさせます。彼らから影響を受けていますか?

以前、私の写真を気に入ってくれている友達に川内倫子さんのようだと言われたことがあります。彼女の物語性が好きです。でもMarina Richterは詳しくありません。私が影響を受けているのは、花の模様や、強風のせいで傾いた木の形、嵐の前の厚い雲、地面で弾ける雨、太陽やその日差しに手をすかしてみたりという、身の回りの自然なんです。そういう繊細なものに心を惹かれます。同じように、大好きな音楽や映画、絵画にも刺激を受けています。

── あなたの写真でモデルの顔を見せないのは、見る者にその人自身の姿を投影してほしいからと聞きました。あなたの写真から物語を伝えたいのでしょうか?それとも物語は見る人の想像に委ねているのでしょうか?

いい写真には物語性があると言われています。でも、私は写真という表現方法が好きなんです。1枚の写真から、人それぞれ違う感想を持つのがおもしろいと思います。私は見る人それぞれの想像に委ねるほうが好きです。写真からどんなことを感じるかということは、個々のパーソナリティや生きてきた人生が関わっています。私は感情や気持ちを共有したいだけなんです。

── 光は写真の最も重要な要素の一つであり、あなたの作品は光の使い方が巧妙ですね。光についてどのように考えていますか

光は魔法です。光によって違った表情、形、雰囲気、色を作り出すことができます。光は私の作品にとって最も重要な要素です。

── 穏やかで、淡くて、全てが調和したような作品をどのようにして生み出しているのでしょうか?

被写体選びが重要だと思っています。この独特の写真の質感は、私のトレードーマークでもありますし、自分でも大好きなんです。私のパーソナリティを反映しているみたいです。

── あなたの作品の中には非現実的なものもありますね。撮影する前に構成を考えているのですか?それとも構成については考えず、実験的に撮影した結果なのでしょうか?

自分の想像の世界を表現している作品もあって、撮影前に映画を作るみたいに全体の構成を考えています。見る人はそれが架空の物語だと知っているけれど、それは私たちが知っている(または知らない)現実の世界が舞台になっている。その映画が何の感情も表現できていなければ、見る人も感情を刺激されることはありません。それは写真も同じなのです。

── いつかインタビュー でおっしゃっていた通り、写真家の個性ではなく、作品が重要ということですね。写真は写真家の個性を教えてくれないということですか?

はい、そう思います。写真家の個性は作品をユニークにするキーとなりますが、重要なのは結果です。写真家のことは切り離して作品を見ることになりますから。

── フィルムカメラを手にした後の人生について、どのように考えていますか?

自信が持てるようになりました。子供のような心を持った人と友達になりたいです。難しい大人は好きではありません。

── 何が写真を芸術たらしめると考えていますか?

光の魔法です。それから創造力、心の目、子供のような好奇心。

── 写真を撮影するために行きたい場所、魅力的だと思う場所はありますか?

アイスランドです。

── 写真家でなければ作家 になっていただろうとおっしゃっていましたね。どのような物語を書いてみたいですか?

一度だけ小説を書いたことがありましたが、出版はしたいとは思いませんでした。ちょっと暗いお話です。

主人公で両性具有のLが、4人の人物と恋に落ちます。Lは路上生活をしているのですが、Lに会った後みんな大きな変化に直面するのです。物語の大半は変わっていてシュールな景色の説明なので、私の写真のようでもあります。

── これからの活動予定を教えてください。

2冊目の写真集を自費出版で出版予定です。


Li Huiの作品は websiteTumblrFlickr からご覧いただけます。

2020-04-29 #ニュース #people jennifer_pos の記事
翻訳 erina

コメントはまだありません

他の記事を読む