ちょっとブラして多重撮影(ちょいブラ)のススメ

多重露光の数あるテクニックの中でも気軽に楽しくできるテクニック、それが、ちょっとブラして撮る(略してちょいブラ)です。いつでもどこでもかんたんに不思議な写真が撮れちゃいます。被写体は花でも人でもなんでもOK♪

この写真は、コスモスの花を二回露光した多重写真です。三脚は使わず、手持ち撮影で二回続けて撮っています。
花が透けたようになり、それぞれの花びらが部分的に重なり合って不思議で幻想的な雰囲気を醸し出しています。
これはとてもかんたんなテクニックなのですが、ちょっとだけコツがあります。
それではこういう多重写真を撮るためのいくつかのTipsを教えますね~ (^_^)

【必要なもの】
1. カメラ( LC-A+HolgaDiana 等、多重露光の容易なカメラがベター)
2. フィルム(基本的になんでもOK、1600など高感度すぎるものは向きません)
3. スプリッツァー(応用編)

1. シングルショットとダブルの比較
まずは、シングルショットとダブルショットを比較してみます。
上の見本写真の例では、コスモスの花の形がとても美しく、シングルショットでも十分素敵な写真になる被写体でした。そこで私はシングルショットとちょいブラ多重と両方撮ってみました。
どうでしょうか?シングルのほうも私は好きなのですが、ちょいブラのほうはどことなく幻想的な雰囲気に包まれていると思いませんか?多重露光によるちょっとしたエッセンスが加わることで、写真に普通とはちょっとちがった輝きを与えてくれています。
こういう写真はとても簡単に撮ることができます。次にその方法をお教えします。

シングルとダブルの比較

2. 撮り方
※カメラはLC-A+にて、フィルムはISO100のスライドフィルムを使用した場合で説明します。
まず一枚目を撮ります。感度設定はISO200にします。
被写体はなんでもよいのですが、主題を一つに絞って、背景をすっきりさせる(背景を空にする等)ほうがよいと思います。撮るときに構図をしっかりと覚えておいてください。
シャッターを切ったらMXスイッチをスライドさせます。そして二回目のショットを撮ります。感度設定はやはりISO200にします。
一回目の構図と同じになるようにフレーミングします。手持ち撮影なので、もちろん一回目とまったく同じアングルにはなりません。
その微妙なずれがこのちょいブラ多重のポイントなのです。主題の「少しだけ」のずれが、一つのフレーム内で互いに混じり合って不思議な透明感を生みだすのです。背景部分は混じり合っても見た目に特に変化は生じません。主題だけに透明感をもたらしてくれます。感度設定を一段上げた(すなわち露出を一段分抑えた)ことも、この重なりのためには効果的です。
ただし、一回目の構図とあまりにずれすぎないように気をつけてください。ずれすぎる下の見本のように悲しい結果になります(;´д`)
※使用するフィルムの感度がISO200の場合、ISO400を二回、フィルム感度がISO400の場合はISO800を二回、を基本にしてください。

ズレすぎた写真

3. ファインダーを覗いたままMXスイッチ!
これは、二つのイメージがずれすぎないようにするためのTipです。
一回目のショットを撮ったあと、「ファインダーを覗いたまま」MXスイッチをスライドさせてそのまま二回目のシャッターを切ります。
そうすることで構図があまりずれることなく二回目のショットが撮れます。
右手はカメラを持っていますので、左手の指(爪がベター)を前もってMXスイッチに触れたままにしておいて一回目のショットの後にすかさずひねります。慣れないとちょっと難しいけど…。

ファインダーを覗いたままMXをスイッチ

4. 応用編
このちょいブラと他のテクニックを組み合わせてよりステップアップした多重写真を撮ってみましょう。
まずはスプリッツァー編です。
上下(または左右)に二回ずつちょいブラをして、計四回露光をします。すると不思議ワールドもさらに倍となります(^O^)

ちょいブラ+スプリッツァー

次に、「花と重ねる」編。
ちょいブラ+花を組み合わせてより幻想的な世界を作り上げてみましょう。( 花と重ねるテクニックは前回の私のTipsterを参照してください
非現実的かつユニークな作品になることまちがいなしです。

ちょいブラ+花と重ねる

さらに高等(?)テクニック、フィルムスープ編です。
ちょいブラ+フィルムスープ加工をして、より現実からはるか彼方へ遠ざかっていくというマニアックなテクニックです。
(フィルムスープに関してはいずれ細かくご紹介します)

ちょいブラ+フィルムスープ

わかりましたか~?
HolgaやDiana、Sprocket Rocketなら二回続けて押すだけなのでもっとかんたんにできちゃいますね。
いつでもどこでも不思議な写真が撮れちゃいますのでぜひやってみましょう。
あなたなりのアイデアで面白い「ちょいブラワールド」を作ってみよう!
Enjoy your ちょいブラ life!

hodachromeさんのテクニックはこちらの記事からもご覧いただけます:


Author: hodachrome山本穂高
岐阜県出身のカメラマン。2007年にトイカメラの代表格であるLomo LC-Aと出逢い、その魅力の虜となる。世界のロモグラファー・フォトグラファー達と研鑽を重ねながら、国内外を問わず写真展への参加、写真集・グッズ販売、写真講座・ワークショップ等、幅広く活動する日々を送る。

2012-11-27 #gear #tutorials #lc-a #flower #mx #multiple-exposure #tipster #double #doubles #double-exposure # # # # # hodachrome の記事

他の記事を読む

  • 【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    2018-03-17 hodachrome の記事
    【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    ロモグラファーの皆さんが大好きな多重露光(重ね撮り)。ロモグラフィーのカメラには多重露光(MX)機能を備えたカメラがたくさんありますが、多重露光機能のないカメラではトライすることができないでしょうか?いえ、そんなことはありません。皆さんの持っているカメラでも多重露光が可能で、しかも素敵な作品が撮れる方法があります。今回その方法を紹介します♪

    1
  • Diana F+:思い出に残るポートレート

    2017-10-17
    Diana F+:思い出に残るポートレート

    120フィルム は、35mmよりも撮影できる枚数がぐっと少なくなりますが、なぜか Diana F+ で撮影された写真にはベストショット率が多い気がします。それは私だけでしょうか?枚数が少ないぶん、慎重にシャッターを切るからかもしれません。でも、秘密はそれだけではないはず。

  • Lomo LC-A+の魅力とは?

    2018-02-02 #gear
    Lomo LC-A+の魅力とは?

    長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さなボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    2018-07-26 hodachrome の記事
    【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    フィルムカメラを使っていると思わぬアクシデントに見舞われることがありますよね。光カブリ、コマずれ、傷、感度劣化など。それらはせっかくの写真を損なう困ったものですが、一方でフィルムでしか味わえない魅力であったりもします。今回はテクニックではなくてそんなフィルム写真の思わぬ魅力について紹介していきます。

    2
  • 【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    2018-03-27 refallinsasaki の記事
    【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    皆さんは普段、どんなフィルムを使っていますか?いつもとは少し違った写真が撮影してみたい!という方にはロモグラフィーのクロスプロセスフィルムがおすすめです。カラーネガで撮影した写真とクロスプロセス写真がどう違うのか、同じ日に撮影した写真を比べてみましょう!

    1
  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 暗い場所での撮影:Lomography Color Negative 800

    2018-08-28 #gear
    暗い場所での撮影:Lomography Color Negative 800

    撮影時に光がどの程度得られるかというのは、フィルム写真では最も重要な問題。晴天の屋外で撮影すれば極端に失敗することはありませんが、シチュエーションに合ったフィルムを選べば光の少ない環境でも撮影を楽しめます!

  • Naiadで撮影された迫力満点のショット

    2018-05-29 genevievedoyle931 の記事
    Naiadで撮影された迫力満点のショット

    先日発売されたばかりの Naiad で撮影された写真が Lomographyに届きました!焦点距離15mmの写りは、何を撮っても迫力満点。フィルムでもデジタルでも、カラーでも白黒でも、どんなシーンでも活躍する頼もしいレンズです。台湾やサンフランシスコ、ホノルルなど世界中のユーザーがいち早く撮影した写真をご紹介します!

  • 2017年10月のトレンド写真

    2017-11-01 refallinsasaki の記事
    2017年10月のトレンド写真

    毎月多くの写真が投稿されるロモグラフィーのコミュニティー ロモホーム 。2017年10月に日本のロモホームで「Like」をたくさん集めた写真や、スタッフのお気に入りを発表します。台風が多かったので、あまりお出かけできなかった...なんて方も多いのではないでしょうか?

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    <b>【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】</b>さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • 【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    2017-11-08 #ビデオ refallinsasaki の記事
    【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    9月某日、ロモジャパンチームはそれぞれお気に入りのフィルム、LC-A+とその他たくさんのカメラを持ち、都内からちょっと離れた隠れスポットへ。【Lomography 25周年】LOMO LC-A+ 動画制作という口実のもと、スタッフ全員で思い思いの写真を撮りにいってきました!《Lomography の10ゴールデンルール》でも掲げている通り、"Lomographyは人生のジャマじゃなく、人生の一部"。ロモグラフィーが世界中のロモグラファーとスタッフと共に生きてきた25年間を祝して、作ったこの動画。あなたは見たあと、どんなことを思いましたか?

  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

  • Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    2018-05-09 refallinsasaki の記事
    Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    普段はデジタルカメラで撮影しているフォトグラファーの Rimi Sakamotoさん。フィルムを使うのは久々という彼女が Lomo LC-A+で撮影した写真を Lomography Japanに送ってきてくれました!旅先から送られてきた美しいポストカードのような東京をちょっとだけご紹介。