光漏れグラデーションフィルムの作り方!

予測不可能な光のグラデーションで、エキセントリックでアーティスティックな写真を撮影しよう!

まずは次の写真をよく見てみて!

どう?好きな写真はあったかな?
今回はこの光のグラデーションを作る方法を紹介するね!

まず用意する物
・役目を終えたDiana+(holgaでも可能)
・ダークバック
・ISO400の35mmカラーネガフィルム
・布ガムテープ
・マスキングテープorセロハンテープ
・間接照明orペンライト

次は下準備としてDiana+の赤窓を破壊。
ちょっと勇気が必要だけど、小さなペンチを使えば簡単に壊せるよ。

赤いフィルムを取り去ると、穴が二つ。
今度はこの穴を布ガムテープで塞いで。
だいたい5枚くらいかな。

これで下準備はOK。

まず35mmフィルムにマスキングテープを貼り付けて。
光漏れフィルムであることをメモしておくと便利。

Diana+の左の部屋にフィルム本体をセット(フィルムの頭を下にしてね)。
右のスプールに先ほど貼り付けたマスキングテープを固定。
この時出来るだけスプールの下部に固定すると、感光範囲が広くなるよ。

裏蓋を閉めたらいよいよ感光スタート。
部屋の電気を消して、間接照明の下やペンライトの光を当てながら、フィルムを送っていって!

そしてさらにエキサイティングで予測不可能な色彩を望むなら、、、
フィルム送りをゆっくりにしてみたり、
逆に早くしてみたり、
手で窓を塞いでみたり、
光に近づけてみたり、
遠ざけてみたり、
Diana+を振ってみたり、、、

フィルムをすべて送り終わったら、ダークバックの中でフィルムを巻き戻してね。
フィルムで手を切らないように注意して。

すべて巻き戻したら、おめでとう!光漏れグラデーションフィルムの完成!!

さて最後に撮影する時の注意点。
このフィルムを使うときは出来るだけ明るい場所で撮影してね。
暗い場所だと赤いラインや火の玉が浮いてるような、不気味な写真になっちゃうことが多かったんだ。
フラッシュ撮影もあんまり上手くいかなかった。

ちなみにLC-A+の感度設定は
晴天時ではISO400
曇りの日はISO200か100で

その他のカメラ(Konstruktor、Sprocket Rocketなど)
晴天時では「晴れ」もしくは「曇り」モード
曇りの日や日陰は「バルブ」モードや多重露光で撮影することが多いよ。

LC-A+

Konstruktor

Sprocket Rocket

鮮やかなだけじゃなく、赤や青に染まる時があるのが不思議。
失敗しちゃうこともあるけど、ぜひこのフィルムで遊んで、日常を光のグラデーションで染め上げよう!

blog

2014-12-27 #gear #tutorials #tipster # # #select-type-of-tipster #select-what-this-tipster-is-about masaka の記事

他の記事を読む

  • ★Diana Instant Square - 6/22(金) 正午よりプロジェクトスタート!

    2018-06-20 #gear #ニュース
    ★Diana Instant Square - 6/22(金) 正午よりプロジェクトスタート!

    Dianaが正方形フォーマットのインスタントカメラとして生まれ変わる!鮮やかな色とコントラスト、特徴的なビネット(四隅の周辺光量落ち)、ふんわりとしたソフトフォーカスに予測できない光漏れ。そんなアナログな写りを撮ってすぐに楽しめる Diana Instant Square !

  • 【スタッフレビュー】Daguerreotype Achromatと行く冬の海

    2018-01-20 refallinsasaki の記事
    【スタッフレビュー】Daguerreotype Achromatと行く冬の海

    ふんわりと幻想的な写りや、絞りプレートの種類が豊富なアートレンズ Daguerreotype Achromat 2.9/64 。アーティスティックな作品撮りだったり、非日常な場面で大活躍のレンズですが、日常シーンで使ったらいったいどんな写りになるんでしょう?Lomography Japanスタッフ keitauni94が冬の江ノ島で撮影した写真をご紹介します!

  • 【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    2018-03-17 hodachrome の記事
    【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    ロモグラファーの皆さんが大好きな多重露光(重ね撮り)。ロモグラフィーのカメラには多重露光(MX)機能を備えたカメラがたくさんありますが、多重露光機能のないカメラではトライすることができないでしょうか?いえ、そんなことはありません。皆さんの持っているカメラでも多重露光が可能で、しかも素敵な作品が撮れる方法があります。今回その方法を紹介します♪

    1
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 暗い場所での撮影:Lomography Color Negative 800

    2018-08-28 #gear
    暗い場所での撮影:Lomography Color Negative 800

    撮影時に光がどの程度得られるかというのは、フィルム写真では最も重要な問題。晴天の屋外で撮影すれば極端に失敗することはありませんが、シチュエーションに合ったフィルムを選べば光の少ない環境でも撮影を楽しめます!

  • Lomo'Instant Square 発売記念ワークショップ開催!@谷根千エリア

    2018-02-21 の記事
    Lomo'Instant Square 発売記念ワークショップ開催!@谷根千エリア

    Lomo'Instant Squareが発売され、大人気の正方形写真がついにLomographyのインスタントカメラでも楽しめるようになりました!直営店Lomography+では Lomo'Instant Squareの発売を記念して谷根千(谷中・根津・千駄木)エリアを散策して撮影を楽しむワークショップを開催いたします。フィルム・インスタントカメラが初めてでも全然OK!

  • 【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    2018-07-26 hodachrome の記事
    【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    フィルムカメラを使っていると思わぬアクシデントに見舞われることがありますよね。光カブリ、コマずれ、傷、感度劣化など。それらはせっかくの写真を損なう困ったものですが、一方でフィルムでしか味わえない魅力であったりもします。今回はテクニックではなくてそんなフィルム写真の思わぬ魅力について紹介していきます。

    2
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 写真集『#イットガーリー』Aoi Yamada

    2017-11-20 #culture #ニュース #people choko3 の記事
    写真集『#イットガーリー』Aoi Yamada

    インフルエンサーの日常をフィルムで切り取った写真集『 #イットガーリー 』。 最新作では、ダンサーとしてミュージックビデオやCMで活躍する Aoi Yamada さんを特集しています。ロモグラフィーのムービーカメラ LomoKino で撮影された写真も掲載されていますよ!

  • 【新登場】よりワイドな写りを Lomo'Instant Squareで楽しもう!

    2018-03-14
    【新登場】よりワイドな写りを Lomo'Instant Squareで楽しもう!

    Lomo’Instant Square で撮影をお楽しみ中の皆さまに朗報です!待望のワイドアングル・ガラス・アタッチメントレンズ が新登場。ガラスレンズで細部までシャープに写し、最短50cmまで被写体に近くことが可能。大人数でのグループショットや、ダイナミックな風景写真を撮影してみましょう!

  • 【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    2018-03-27 refallinsasaki の記事
    【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    皆さんは普段、どんなフィルムを使っていますか?いつもとは少し違った写真が撮影してみたい!という方にはロモグラフィーのクロスプロセスフィルムがおすすめです。カラーネガで撮影した写真とクロスプロセス写真がどう違うのか、同じ日に撮影した写真を比べてみましょう!

    1
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    2018-05-09 refallinsasaki の記事
    Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    普段はデジタルカメラで撮影しているフォトグラファーの Rimi Sakamotoさん。フィルムを使うのは久々という彼女が Lomo LC-A+で撮影した写真を Lomography Japanに送ってきてくれました!旅先から送られてきた美しいポストカードのような東京をちょっとだけご紹介。

  • 紫色のパラダイスへようこそ:Jodie Cartman

    2018-01-13 #people cheeo の記事
    紫色のパラダイスへようこそ:Jodie Cartman

    まるで魔法のような景色が広がるこのシリーズは Jodie Cartmanによる作品。LomoChrome Purpleで撮影したポートレートは、被写体の雰囲気をよりミステリアスなものに仕上げています。

  • LOMORIDE! 《Tokyobike Rentals Yanaka × Lomography》

    2018-04-05 refallinsasaki の記事
    LOMORIDE! 《Tokyobike Rentals Yanaka  × Lomography》

    春がやってきました。トーキョーバイクに乗って、写真を撮りに行きませんか?Tokyobike Rentals Yanakaと Lomographyが春の「LOMORIDE!」を開催致します。自転車で街を巡りながら、好きなように写真を撮りましょう!English information below.