初めての白黒写真:気をつけたいポイント3つ

カラーネガやスライドフィルムが出現しても、今も白黒写真を愛する人々はたくさんいます。白と黒が織りなすトーン、粒子感、コントラストは唯一無二なもの。フィルムを現像するたびに、新しい発見を得ている人も多いのではないでしょうか?

普段カラーネガに慣れている人にとって、初めての白黒フィルムは「挑戦」だと言えます。カラーと白黒の違いは、ただ色の数が少なくなるというだけではありません。白黒で美しいショットを撮影するためには、カラーで撮影する時よりも注意深くシャッターを切らなければいけません。

Credits: troch

コントラスト

まず1つ目のポイントが「コントラスト」(対比)です。複数の色で構成されるカラー写真とは異なり、白と黒、そしてグレーのバランスが重要な要素です。このコントラスト次第で写真の印象が大きく左右されます。写真をより良くすることも、そして壊すこともできるのです。良いコントラストは人々の注目を集め、インパクトを与えることができるでしょう。反対にコントラストが少ないと、退屈な写真に見えてしまいます。

Credits: analogmonolog

粒子感

もう1つのポイントが「粒子感」です。白黒フィルムのざらざらとした粒子感が好きだから使用しているという写真家も多くいます。この粒子感はポートレイト撮影に特に適しています。皮膚の傷やホクロ、質感などの個性をより際立たせるため、多くのポートレイト写真家が白黒フィルムで撮影しているのです。

Credits: grazie

その他には、構図や被写体の形が重要なポイントです。白黒では、色で人々の注意を惹くことはできません。被写体の形や模様、質感を上手く使って写真にインパクトを与えましょう。シャッターを切る前に周りを見渡して、何か可能性を秘めたものが落ちていないか探してみてください。

Credits: grazie

光と陰

「光と陰」で遊んでみましょう。多くの著名な写真家たちは、この遊びがとても上手です。フレーム内の光と陰の部分を調整しながら、構図を決めていきましょう。

Credits: panelomo

白黒フィルムの魅力は撮影方法だけではありません。現像も白黒写真の魅力を引き出す重要なプロセスの一部です。増感や減感でさらに写真のクオリティを上げることもできるでしょう。覆い焼きや焼き込みなど後処理を行い、美しさをより引き出そうとする写真家もいます。自家現像やコーヒー現像など、現像プロセスにはたくさんの 楽しみ方 があるのです。

上にあげた方法だけでなく様々な撮影や現像方法を試して、あなたに合った白黒写真の楽しみ方を見つけてくださいね。フィルムやカメラの種類、フォーマット、シャッタースピード、状況を変えて色々試すことで、白黒写真について学ぶことができるでしょう。ぜひロモグラフィーの 35mm120フィルム も使ってみてくださいね。

2018-10-09 #tutorials cheeo の記事

関連商品

Lomo LC-A+

Lomo LC-A+

Lomo Kompakt Automat ( 通称 LOMO LC-A )は、1984年に旧ソ連で誕生したコンパクトオート35mmカメラ。LC-Aが写し出す鮮やかな発色、クラシカルなヴィネット、そしてコントラストの強い写真は90年代に世界的なムーブメントを巻き起こし、ロモグラフィー発祥のきっかけとなりました。そのLC-Aに機能を追加(+)して、生まれ変わったのがLomo LC-A+です!

コメントはまだありません

他の記事を読む