Lomo LC-A+の魅力とは?

長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+ 。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さなボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。

Credits: svenevson & keitauni94

クロスプロセス現像との相性は抜群

Lomo LC-A+ の写真といえば、ビビッドでコントラストが強いというイメージを抱く人も多いかもしれません。 そういった写真の多くは LC-A+に スライドフィルム を装填し、クロスプロセス(C-41)現像したものなんです。

スライドフィルムは通常 E-6現像で処理されますが、これを C-41現像(カラーネガ現像)することを クロスプロセス現像 と呼びます。この現像方法にすることによって、突き抜けるように鮮やかで明るい色や強いコントラストが生まれるのです。使用フィルムや撮影環境、ISO設定によって仕上がりが異なるのもクロスプロセスの醍醐味ですね。下の写真のように四隅に美しいビネット(トンネル)効果が生まれるのも特徴です。現像に出すときは「C-41現像でお願いします。」と伝えるのをお忘れなく!

Tip:期限切れのスライドフィルムを使うと、さらにユニークな仕上がりになりますよ!

Credits: primulazarkanelfandhiszippomjkaplowilovemydianadixie_flatlinepearlgirl77 & novotao

MXスイッチは魔法の始まり

Lomo LC-A+ の底にある小さな MXスイッチ。シャッターを切ったあとフィルムを次のコマに送らずに MXスイッチをスライドさせると、再度シャッターが押せるようになり同じフレームに像を重ねる 多重露光 が可能になります。MXスイッチを使えば何度でもシャッターを切ることができますが、最初は2回で十分です。

Tip:シルエットと模様のあるもの(花や植物、雲など)を重ねると上手くいくことが多いです。多重露光は写すもの2つのバランスが大事です。

Credits: lomomowlemantioxtakutakutomikareneg88arurin & keyycco

Splitzerを使ってみよう

多重露光を楽しむもう一つの方法は、1つのフレームを分けて露光してみること。 Splitzer やテープを使って露光したい部分以外を隠すだけでOK。詳しい方法は こちらの記事 (英文)に書かれています。

Tip:Splitzer&多重露光をスライドフィルムで撮影して、クロスプロセス現像すればベストショットが生まれるかも。

Credits: sadmafiosofotobesgocchinpaula412buckshottsnsakhodachrome & maria_vlachou

もっともっとビビッドに

夜間や室内での撮影なら、フラッシュを使ってみましょう。ロモグラフィーの RingflashFritz the Blitz 2.0Diana F+ Flash にはフラッシュ用のカラフルなフィルターが含まれています。フィルターをつければ、夜でも色とりどりの写真が撮影できますよ!

Tip:カラーフィルター&多重露光なら、部屋の中でも退屈しないはず。

Credits: lomography & lapsusgirl

Lomo LC-A+ のお求めはオンラインショップまたは 直営店Lomography+ まで!

2018-02-02 #gear

関連商品

Lomo LC-A+

Lomo LC-A+

Lomo Kompakt Automat ( 通称 LOMO LC-A )は、1984年に旧ソ連で誕生したコンパクトオート35mmカメラ。LC-Aが写し出す鮮やかな発色、クラシカルなヴィネット、そしてコントラストの強い写真は90年代に世界的なムーブメントを巻き起こし、ロモグラフィー発祥のきっかけとなりました。そのLC-Aに機能を追加(+)して、生まれ変わったのがLomo LC-A+です!

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • 【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    2018-07-26 hodachrome の記事
    【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    フィルムカメラを使っていると思わぬアクシデントに見舞われることがありますよね。光カブリ、コマずれ、傷、感度劣化など。それらはせっかくの写真を損なう困ったものですが、一方でフィルムでしか味わえない魅力であったりもします。今回はテクニックではなくてそんなフィルム写真の思わぬ魅力について紹介していきます。

    2
  • 【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    2018-03-17 hodachrome の記事
    【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    ロモグラファーの皆さんが大好きな多重露光(重ね撮り)。ロモグラフィーのカメラには多重露光(MX)機能を備えたカメラがたくさんありますが、多重露光機能のないカメラではトライすることができないでしょうか?いえ、そんなことはありません。皆さんの持っているカメラでも多重露光が可能で、しかも素敵な作品が撮れる方法があります。今回その方法を紹介します♪

    1
  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 2018年の Lomography To Doリスト

    2018-01-05 #culture
    2018年の Lomography To Doリスト

    忙しい日々に追われて、やってみたいことやアイディアはたくさんあるけど時間がない!でも2018年は、そのアイディアを実現させませんか?新年はこの Lomography To Doリストを試してみましょう!

  • Petzval 58 で撮影されたミュージックビデオ:Ham Natdanai

    2018-09-04 #ビデオ dnimdnim の記事
    Petzval 58 で撮影されたミュージックビデオ:Ham Natdanai

    タイ人のシンガーソングライター Phum Viphuritの「Lover Boy」という曲を知っていますか?今年の夏、色々な場所で流れていたので聞いたことがあるという人もいるのではないでしょうか。この曲のミュージックビデオには、一部 Petzval 58 Bokeh Control で撮影された映像が使用されています。

  • Simple Use Film Cameraと街を自由にぶらつこう!

    2018-04-02 #gear
    Simple Use Film Cameraと街を自由にぶらつこう!

    その名の通り「シンプル」なこのカメラは、どこへ行ってもあなたと一緒。フィルムが既に入っているので、出会ったものを感覚的に写真におさめることができるんです!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Diana Instant Square についてよくあるご質問 ~クラウドファンディング編~

    2018-06-22 keitauni94 の記事
    Diana Instant Square についてよくあるご質問 ~クラウドファンディング編~

    ついに日本でのクラウドファンディングプロジェクトが 6/22(金) 12:00 より始まった、クレイジーな写りを存分に楽しむことのできるDiana Instant Sqaure!みなさまからよくお問い合わせ頂くご質問をこちらにまとめました。クラウドファウンディングが初めてで不安という方も、気になる点はこちらでチェックしてみてくださいね。MOTION GALLERYでのご支援お待ちしております!

  • フィルムカメラを持ってお花見へ

    2018-03-28 refallinsasaki の記事
    フィルムカメラを持ってお花見へ

    すっかり春めいて、今週東京では桜が満開!皆さん、お気に入りのフィルムとカメラを持って撮影に出かけていることと思います。ここでは、 ロモホーム で見つけたとっておきの桜の写真をご紹介します。今週末、どんなフィルムを使おうか悩んでいる方は参考にどうぞ!

  • 【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    2018-03-27 refallinsasaki の記事
    【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    皆さんは普段、どんなフィルムを使っていますか?いつもとは少し違った写真が撮影してみたい!という方にはロモグラフィーのクロスプロセスフィルムがおすすめです。カラーネガで撮影した写真とクロスプロセス写真がどう違うのか、同じ日に撮影した写真を比べてみましょう!

    1
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 『Desert Daze』砂漠フェスに潜入!:フォトグラファー Erina Uemura

    2018-05-25 refallinsasaki の記事
    『Desert Daze』砂漠フェスに潜入!:フォトグラファー Erina Uemura

    カリフォルニア、ジョシュアツリーの砂漠で行われる Desert Daze Music & Art Festivalは、2012年から毎年開催されている知る人ぞ知るディープなフェス。ゴツゴツとした岩や見たことのない植物が並ぶ砂漠地帯という少し変わったロケーションは非日常感たっぷり。

  • フォトグラファー mick park × Lomography

    2018-05-24 keitauni94 の記事
    フォトグラファー mick park × Lomography

    惜しまれつつも生産中止が発表された高感度フィルム「NATURA 1600」。その開発にたずさわった mick parkさんは、当時言われていた「高感度撮影は荒れて使いものにならない」「暗いところはフラッシュ」という概念を壊した伝説的なフォトグラファー。今回はその実験的な作品の数々を紹介。

  • ミュージシャン PANORAMA FAMILYが写真を撮る理由

    2018-07-28 #people #ビデオ refallinsasaki の記事
    ミュージシャン PANORAMA FAMILYが写真を撮る理由

    ミュージシャンであり写真家でもある PANORAMA FAMILYのゴメスさんは、ロモグラフィーのフィルムで撮影したという写真集「PARANOIA SLAPPYS」を昨年刊行。等身大の人々の姿が生き生きと描かれており、見る人の心にすっと入り込んでくる写真ばかり。